小出運送株式会社(愛知県みよし市の運送会社・人材派遣)

児玉室長・土方課長 / 働く人の声 / 小出運送(愛知県みよし市)
愛知県みよし市西一色町池ノ内13-1



働く人の声

児玉室長・土方課長にインタビュー


児玉室長・土方課長2


Q1
お二人は当社に入社されてから、どんなお仕事を経験されていますか?

室長: 入社して初めてやった仕事は、4トントラックでタイヤを納入する仕事だったなー。
入社して2〜3年後、大型免許を取得し、中距離の運送もやったし、その後定期便の班長もやったね。

課長: 私実は、一度小出運送辞めてるんですよ(笑)

えー!!!

課長: だから、一回目の入社した時は、私も4トントラックでタイヤの納入する仕事。
その後退社して、2年後再入社。大型トラックで中距離の仕事をずっとやってました。

一度辞められた後、どんな仕事をやってたんですか?

課長: 足場屋さん

へー


Q2
お二人の現在の仕事内容を教えてください。

室長: 現在は、トラックを降りて、人材開発室を任され、教育する側の仕事をしています。

課長: 私も乗務員でしたが、1年ほど前に営業へ職種が変わり、慣れないデスクワークをしています(笑)
お客様の要望に応えられるよう、喜んでいただけるように仕事をしています。

室長: Excel分からんよね(笑)

課長: 難しいですよね(笑)

児玉室長・土方課長3


Q3
以前はベテラン乗務員だったお二人ですが、運送会社を取り巻く環境が変わったなと感じる事はありますか?

室長: 昔は「トラック野郎」って映画がヒットするような時代で…色々自由な部分があった時代だったね。
でも今は、ルールや決まり事をしっかり守って仕事をする事が当たり前の時代で。
その部分が時代が変化しているなと思うね。

課長: 私も物流業界の働く環境が、時代が変わったなーと感じますね。
走ったら走った分だけ、お給料もらえる時代では今は無くなっていて。
労働時間や運行時間、拘束時間など細かな部分も決まりがあるので。
労働環境も変わりましたが、自分たちの意識や考え方も変わりましたね。

室長: その時代の変化にどう対応していくかが重要で。
当社は時代に沿った取り組みをしています。


Q4
今後のお二人の目標をお願いします!

室長: 現在社員教育の重要性がさらに高まっています。
どの視点から見ても、より魅力的な会社・従業員となれるように、教育する立場として、知識や振る舞い、考え方のまず自分の教育をしている最中です。
児玉の教育した人材は、質が違うな!いいね!と言っていただけるような、教育ができるようになる事が今の目標です。

課長: 僕は数字で結果を残すことが求められてきますが…
今までの実績を超えなきゃと言うか…
でも数字だけじゃない部分、どれだけお客様の要望に応えられるか喜んでいただけるかが大切なので…
お客様に頼られるような営業になることが、今の僕の目標です。

児玉室長・土方課長4


Q5
最後に応募者の方へメッセージをどうぞ!

室長: 未経験の方でも、勇気をもって!
当社に飛び込んできてください!(笑)
時代の変化もそうですけど、ルールや規則は厳しくなっているので、覚えなきゃいけない事・守らなければいけない事、沢山ありますが、そうやって一生懸命頑張る人に対して報いたいと考えている会社ですので、まず3年!一緒に働いてみませんか?

課長: なんで3年なんですか?(笑)

室長: 石の上にも3年と言うだろう?

課長: あー、なるほど。
僕は一言、トラック好き集まれ!ですけどね(笑)
もうそこでしょ!僕がトラック好きだからね。
うん…トラック好き、運転好き、ぜひご応募ください。
  児玉室長・土方課長1

左:児玉室長 (入社歴:26年)
右:土方営業 (入社歴:18年)


休日の過ごし方(土方課長)

休日の過ごし方(土方課長)

休日は、娘の部活の送迎や、ゴルフ、バイクをしています。


休日の過ごし方(児玉室長)

休日の過ごし方(児玉室長)

休日は家族と過ごします。
この赤ちゃんは姪っ子の子です。


働く人の声 トップ
児玉室長 土方課長
誠司乗務員
野中乗務員
島田乗務員 遠藤乗務員