【人材開発室】児玉室長のつぶやき!

人材開発室

こんにちは!
人材開発室の児玉です(^^

昨日(6月27日)、2014年12月3日に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」に到着した!とニュースで取り上げられていました。

このニュース自体にはさほどの興味もなかったのですが
職場から自宅へ帰る車の中で聞いたラジオの解説の方が、どれほど難しい事を成し遂げたのかという事を、わかりやすく説明されていました。

「日本からブラジルの6センチ四方の的に命中させるような事」
(ブラジルに6センチ四方の紙切れを置いたとして、日本から放ったボールがブラジルの紙切れに的中するイメージ!)
これを聞いて、感動してしまいました。

距離にして約三億キロ(地球と太陽の距離が約一億五千キロらしいので、約二倍)、時間にして約3年半というとてつもなく長い時間をかけて、見事に到着させた日本の技術力の高さに、まったく関係の無い私ですが感心するとともに、誇りに思いました。
まだまだ調査などで難しい技術・操作が必要らしいのですが、きっと目的を果たし、また長い時間をかけて無事に帰ってきてくれると信じます!!

これだけの高い技術を持った国なのですから、政治家の皆さんは世界に後れを取らないような政策を国会で話し合って頂きたいと思います。
と、最後は固いお話になってしまいましたが、「はやぶさ2」の関係者の皆様、先ずはおめでとうございます! 予定では2020年頃に帰還されるとのこと。無事に戻ってこられますように陰ながら応援させていただきます。

★人材開発の取り組み★

https://www.koide-unsou.co.jp/jigyou

★派遣事業募集中★

紹介予定派遣 | 東海地方の派遣のお仕事|小出運送 派遣事業 特設ページ

コメント