アマゾンは何者?

知的好奇心

派遣事業部の井上です。

今年はまだ本を読めていませんが、
去年読んだ「アマゾンと物流大戦争」が印象的でした。

内容を簡単に要約すると、
・アマゾンの本質は物流企業
・物流への投資額は1兆円を超える
(現在は2兆円超えたのでは)
・アップル、グーグルと戦えるテクノロジー企業
でもある。
・アマゾンが変化させた世界は、後戻りすることは
できない。
が書いておりアマゾンがいかに世界へ影響力を
持っているか理解できます。また、日本の物流だけが、
翌日、時間指定配達が可能で高レベルな立ち位置にある
かも実感できます。
(高品質ゆえに起こった障害も紹介されていますが)

またアマゾンが発展したもう一つの要素に
「徹底した顧客第一主義」があります。
アマゾン・ジャパンの「お坊さん便」がその最たる
例で、法事法要の僧侶派遣代金を見える化しました。
このことは全日本仏教協会から猛反発にあいますが
ユーザーはアマゾン支持が多数を占めました。

アマゾンを脅かす企業はいつか出現すると思いますが、
アマゾンが世界を席巻する時代にリアルタイムに生きて
いるので読んで損のない本と思いますので興味ある方は
ぜひ読んで下さい。

コメント